地下鉄千日前線 野田阪神駅から徒歩2分|はしもと矯正歯科

歯並び・かみ合わせの矯正専門クリニック

大阪府大阪市福島区海老江2-2-5 SYSビル6階

お問い合わせ

ご相談

ご予約

06-6453-8599

お問い合わせフォームはこちら

休診日:月曜、祭日

治療例・患者様の声

矯正治療の治療例・患者様の声

20台女性10

裏側の目立たない矯正
透明な目立たない矯正

上顎の犬歯が飛び出している状態を俗に「八重歯」といい,中にはこれをチャームポイントと考える方もいらっしゃいます.

美意識は人それぞれですし,最近では「つけ八重歯」なる人為的に歯科医師が加工する場合さえあるようです.

ただこの八重歯も犬歯の出っ張り方によってはあまりチャーミングに見えない場合もあり,何より矯正医としては噛み合わせの観点からも審美的な観点からもお勧め出来る物ではありません.

このケースは「あまりチャーミングではない八重歯を治療したい!」というご希望から始まった症例です.

一般的な八重歯のケースは犬歯以外の部分はさほど重篤で無い場合が多いのですが,このケースは矯正学的には2級2類とよばれる,上下の顎の骨は出っ歯の関係ですが,前歯は内側に傾いて出っ歯に見えない状態です.

この程度が高度になるとこのケースのように犬歯がはじき出されて八重歯になってしまいます.

本症例では上顎はリンガルシステム(歯の裏側の装置)で治療していますが,リンガル治療は上顎前歯を外側に向けるコントロールがあまり得意では無く,治療には特別な配慮が必要です.

患者様は治療後,「今まで笑うと唇が犬歯に引っかかって時々手で戻していたのが今ではスムースに唇が戻ります!」と喜んでおられました!

20台女性9

裏側の目立たない矯正
透明な目立たない矯正

成人の矯正治療の場合,今後の成長なども期待できず叢生量が多かったり出っ歯の程度が高い場合はやむを得ず抜歯を併用することがあります.

歯医者というのはそもそも「歯を抜かなくて済む」ようにするために存在するわけですし,患者様の側でも抜かなくて済むならそれに超したことはありません.

また抜歯する歯医者も気持ちの上ではあまり気が進みません.

しかし逆に表現すれば歯医者が「歯を抜きましょう!」と判断するのは「絶対に抜いた方が良い結果が得られる」場合に限ります.

ですので矯正治療の治療方針の立案で最も重要な判断は「抜歯か非抜歯か?」と言うことでしょう.

そして抜歯ケースであるなら「何処を何本抜くのか?」が焦点となります.

このケースは出っ歯と叢生で矯正することになりましたが,不正が上顎にかたよっており,下顎は問題が少なかったので,上顎だけの抜歯で充分な’治療結果が得られると判断しました.

患者様はご来院される前から「矯正は歯を4本抜くものだ!」と思っておられたため,上顎2本抜歯の診断結果をお伝えすると,拍子抜けした後,とても喜んでおられました!

10代女性3.

透明な目立たない矯正

このケースも前回同様の「翼状捻転」です.

翼状捻転は見かけよりも叢生量が多く,かつ叢生が前歯2本に集中しているため,臼歯の噛み合わせも乱れているケースが多く,この点も矯正治療の技術上大切な注意点です.

臼歯関係,つまり噛み合わせの乱れは下の大臼歯に対して上の大臼歯が前方に位置するパターンが多く,上下で大臼歯の移動方向を考慮する必要があります.

このケースでは捻転(叢生)を解消し,噛み合わせ(咬合)を改善し,かつそれらを短期間で達成するためインプラント矯正を併用しています.

このシステムのおかげで短期間(1年8ヶ月)で口腔内ゴムやヘッドギアーなど,いささか愉快では無い補助矯正器具を使わずに治療を終えることが出来ました.

なお当院ではインプラントなど矯正治療装置のオプションには別途の費用は必要ありません.

矯正治療中に高校受験がありましたが,無事難関突破し,矯正装置が外れる時には高校生になっていました.

綺麗になった歯並びでの高校生活は,勉強にクラブ活動にと,とても楽しそうにしていらっしゃいました!

30代・女性4.

裏側の目立たない矯正

透明な目立たない矯正

歯列が凸凹と綺麗に並んでいない状態を矯正歯科の世界では叢生と呼んでいます.

この叢生の状態は様々なパターンがありますが,比較的頻度が高い物に「上の前歯2本が左右対称に捻れている」という場合があり,上から観察すると前歯2本がまるで鳥の翼のように見えるので,こういうケースを「翼状捻転」と呼んでいます.

この翼状捻転は見た目のイメージよりも叢生量が高く,上手く並べるにはそれなりのスペースが必要です.

また裏側に矯正装置を装着するリンガル矯正の場合,最初は本来の位置に装置を付けられないことも多く,当初は仮の装置で進行させて,途中から本来の矯正装置に付け替える,といった工夫も必要になります.

また叢生が上の前歯に集中しているため,臼歯の噛み合わせも乱れているケースが多く,この点にも配慮が必要です.

いつも小さいお子様と一緒に来院されておりましたが,上のお兄ちゃんが今年小学校入学で,彼もいずれ当院に通院となりそうです!

10代・女性2.

透明な目立たない矯正

 

 

一般的に人間の歯の数は上下合わせて28本と決まっており(親知らずは除く),特別な場合を除いてこの数は変わることはありません.

ところが,中には先天的欠如歯や過剰歯といった生まれつき通常より歯の数が少なかったり多かったりする場合があります.

過剰歯の場合は抜歯可能であれば,抜歯すれば通常の数に戻りますが,先天的欠如の場合はそういう訳にも参りません.

この先天的欠如は28本の歯にランダムに出現するものではなく,場所によって頻度が異なります.

なかでも下の前歯は発現頻度が高いのですが,下の前歯は通常はよく似た形の歯が4本並んでいますので,1本足りなくても気づかれない場合があります.

数の上では一見目立ちにくくても,1本少ない事によって歯列が短縮して並んでしまいます.

そうすると,上下のバランスが崩れ,相対的に出っ歯になってしまいます.

IMG_8144 緑の線で囲っている部分は本来4本ですが,この症例では3本です.

このケースではこの先欠が原因で出っ歯がより強調される形になっていました.

上下のバランスを取るには上顎の抜歯が必要になりますが,下顎はなるべく抜歯する本数を少なくしたかったので,下顎は非抜歯で治療しています.

但し,この方法を取ると,上下で歯の本数が異なってしまいますので,排列には特別の配慮が必要です.

 

患者様は高校生で,楽器の演奏が得意でしたが,歯並びが綺麗になってバイオリンの音色も綺麗になったそうです!

メールでお問い合わせ
Copyright© hashimoto orthodonitic office All Rights Reserved.