地下鉄千日前線 野田阪神駅から徒歩2分|はしもと矯正歯科

歯並び・かみ合わせの矯正専門クリニック

大阪府大阪市福島区海老江2-2-5 SYSビル6階

お問い合わせ

ご相談

ご予約

06-6453-8599

お問い合わせフォームはこちら

休診日:月曜、祭日

治療例・患者様の声

矯正治療の治療例・患者様の声

40代・女性1

舌側矯正・裏側矯正
透明で目立たない矯正

矯正治療の役割には大きく分けて

1.見た目を綺麗な歯並びにする.(審美的改善)

2.噛み合わせを良くする.(機能的改善)

の2つがあります.

この二つはいわば「表裏一体」であり,一般に見た目が綺麗な歯並びは概ね噛み合わせも良い場合が多い,ということです.

この患者さまは歯並びの見た目の改善は勿論ですが,ご希望としては叢生を綺麗にして噛み合わせを良くし,歯磨きがしやすい環境を作りたい,というのがご希望でした.歯科医師の立場からは前歯がこれほど互い違いの噛み合わせでは,たとえ歯磨きをしっかりしていても,咬む力が上下のお互いの歯を痛めつけ合う状況であり,歯の寿命が短命に終わることが危惧されました.

またご年齢も40代半ばであり,装置が目立つことで今まで矯正治療に踏み切れなかったと事でした.

そこで目立たない矯正器具のことをホームページで見てお問い合わせをいただきました。
出来るだけ治療中も目立たないようにしたいという希望に合わせて、透明な矯正器具と舌側矯正を行っています。

30代・女性3.

透明で目立たない矯正

成人から矯正治療を行う場合,開始時点ですでに一部の歯が虫歯などの治療が為されている場合があります.

小さな虫歯で少し詰めてある位なら問題ありませんが,既に神経が取られ,全体に被せ物がされていると,外見上もいわゆる「銀歯」となり,矯正以前にその歯自体の今後の耐久性にも疑問が生じます.
そういった場合で抜歯ケースの場合,矯正学的に最適な抜歯対象の歯が銀歯なら問題ありませんが,隣の歯が対象歯でかつ虫歯治療の既往がない場合,無傷の歯を抜歯することはためらわれますので,銀歯を抜歯しようとします.そうなって参りますと排列に特別な工夫が必要になります.

このケースでは初診の時点で数年前虫歯で左上の第二小臼歯が銀歯になっていました.
しかし通常の矯正診断上,抜歯対象は第一小臼歯です.
従って銀歯の第二小臼歯を抜歯して無傷の歯を残しました.
こういった左右が非対称な場合,左右が同等に治療が進行しないため,特別な配慮が必要です.
したがって上顎にはインプラントを併用して治療を行いました.

なお当院ではこういったインプラントや補助装置を併用しても追加費用は必要ありません.

小さなお子様がいらっしゃり,旦那様が子守の出来る日曜日の通院ができる矯正歯科を探してホームページで見てお問い合わせをいただきました。
出来るだけ治療中も目立たないようにしたいという希望に合わせて、透明な矯正器具で治療を行っています.

患者様の声が届きました.

池原翠声1

お子様の出産を終え,2才になって一段落したので矯正治療の開始を決められました.

近年はお子様より先にお母様が矯正患者様になる機会が増えて参りました.

お子様が開始されるとき,お母様が矯正の経験者でいらっしゃいますと,お子様にとっては誰より心強くて身近なアドバイザーになって頂けます.

でも治療期間中に幼稚園に入園され,近頃は一緒に通院してくれないので少し寂しい思いです.

先日,無事矯正装置が外れて爽やかな笑顔を見せてくれました.

お子様は今頃矯正器具の外れたママのステキな笑顔を見て喜んでくれている事でしょう.

 

患者様の声が届きました.

野田悠人声1

小学生の時から通院頂いた患者様でした.

先日,無事矯正装置が外れて爽やかな笑顔を見せてくれました.

我々にとって矯正装置が装着された口元は日常ですが,装置が外れてスッキリとした喜びが感じられて,お互いとても嬉しかったと思います!

20代・女性4.

舌側矯正・裏側矯正
透明で目立たない矯正

成人から矯正治療を行う場合,開始時点ですでに一部の歯が喪失している場合があります.

生まれつきの事もありますが,虫歯など後天的な理由でなくなっている事もあります.

こういったケースの場合,矯正による抜歯部位と喪失している歯が一致していれば問題ありませんが,多くの場合は不一致です.

そうなると,歯がないパートではこれ以上抜歯するわけには参りませんので,排列に濃く別な工夫が必要になります.

このケースでは初診の時点で数年前虫歯で右下の第二大臼歯が喪失していました.

状況が出っ歯と叢生ですので,矯正治療に抜歯が必要でしたが,一般的に上下4本の小臼歯抜歯が必要とされるところ,右下は抜歯せずに治療を行いました.

こういった左右が非対称な場合,左右が同等に治療が進行しないため,特別な配慮が必要です.

おまけに上顎の前歯は既に神経がなく,こういった歯も元から健康な歯とは違う反応を見せました.

したがって上顎にはインプラントを併用して治療を行いました.

なお当院ではこういったインプラントや補助装置を併用しても追加費用は必要ありません.

就職活動をストレス無く行いたい!という希望があり矯正治療に踏み切れなかったようですが、目立たない矯正器具のことをホームページで見てお問い合わせをいただきました。
出来るだけ治療中も目立たないようにしたいという希望に合わせて、透明な矯正器具と舌側矯正を行っています.

IMG_3140

術前の口唇

IMG_3055

術後の口唇

口元の改善が著明です.

メールでお問い合わせ
Copyright© hashimoto orthodonitic office All Rights Reserved.